棚を追加すると幸せになります。


帆布の原反が重なって、取り出すたびになんだかアタシ、イライラするっ❗皆さんもそんな時あるかと思います。そんな時は、ジョイフル本田に行って、板をぶっ切ってもらって、棚を追加するとイライラした気持ちがスーっとおさまってくるのです。#いちひこ帆布  #整理整頓
スポンサーサイト

生地見本のラミネート


オーダー時の生地見本は、今まで生のままで選んで頂いておりましたが、なんかそれもアレだということで、全部ラミネートしてみました。撥水帆布15種類、防水帆布4種類、裏地12種類です。よろしくお願い致します。

お店をプチリフォームしました!!

秋のイベントは、
結い市が無事終了しまして、
10/30(日)の100人展が待っています。

結い市でいったん工房のバッグを持ち出して、
工房がスッキリしたので、
そのノリでプチリフォームを行ってみました。

外観はちょっとアレな感じなので、
せめて中だけでもシャレオツな感じにしたいと思いまして、
床・壁・照明をリニューアルしてみました。

もともと仕事場だった部分を、
強引にお店にしていたので、

「お店はどこにあるんですか?」

と尋ねられると、

「お店と言えるほどでは・・・」

などとモジモジしていたので、
これで少しは、

「お店はこちらですっ!!」

と男らしくいえるのかしら・・・

DSC04423.jpg
DSC04490.jpg
DSC04520.jpg
DSC04517.jpg
DSC04523.jpg

ボビンの整理

ボビンがどっ散らかってマジうぜぇ~

皆さんそんな時あると思います。

ご存知の方も多いと思いますが、
ミシンは、上糸と下糸を、
くんずほぐれつに絡めあいながら、
縫っていくのですが、
下糸の方はボビンに巻いて、
ミシンにセットするのです。

なんだか知んないですけど、
年齢が増えると、
シワや体重などが増えていくように、
帆布の色が増えていくと、
糸の色も増えていき、
それにともないボビンの数も増えていくのです。

うちは太い糸で縫っていることもあって、
普通のボビンのサイズだとすぐ下糸が終わってしまうので、
ボビン自体が大きい倍釜の厚物用ミシンを使っています。

ただ倍釜ボビンってケースがあんまりないので、
ボビンがどっ散らかってしまうのです・・・

困ったわ・・・何かいいものないかしら?と、
あごに人差し指をあてながら、
ヤホーで検索してみると、
100均の細巻き寿司作るやつがいいという情報を得まして、
早速やってみました・・・

※ここからはノリ突っ込みですので、
 ご注意下さい。

「細巻き寿司作るやつが、
 倍釜のボビンケースになるわけないっすよ~」

「ほらこんなものはどうやっても
 倍釜のボビンケースになんか・・・」

 ・
 ・
 ・
 
「なるよねぇ~~・・・」

DSC03454.jpg
DSC03452.jpg
DSC03453.jpg
DSC03455.jpg

店をオシャレに・・・

バッグばかり作っていると、
棚を作りたくなる・・・

皆さまもそんな時あると思います。

昨年から、
こんな田舎にこんなとこあんの!!的な
工房にしたいと、
ジョイフル本田に行っては想像していたのですが、
なかなか実行に移せず、
時間だけが過ぎて行き、
告白しなければ、
何も始まらないのに、
モジモジとした毎日を過ごしていたのであります。

だいたい忙しいから出来ないなんていうのは言い訳で、
結局はメンドクサイという魔物にとりつかれているだけなので、
前日の夜からおでこに「やり手」とマジックで書き、
Yes-No枕を、
「Oh!Yes」の特別バージョンにして、
やる気をだしてジョイフル本田に向かったのであります。

雑貨屋さんとかいろんな店を見ると、
壁に棚柱というやつを設置して、
そこに可動式の棚をつけているようなので、
まあそんな感じで設置してみました。

壁の色は、
いつまでも純真無垢な少年でいられるよう、
アンティーク調の白にしてみました。

まあまだまだ改装するんですけど、
工房の一部だけが、
純真になってしまったので、
他の部分とミスマッチが気になるところですが、
まあ笑ってごまかそうと思います。

皆様のご来店心よりお待ちしておりますm(_ _)m

DSC03290.jpg
DSC03311.jpg
DSC03314.jpg
DSC03331.jpg
出展予定

委託販売先

コエド市場
栃木県栃木市倭町13-2
9:00~18:00

会社概要

小曽戸製作所

〒328-0204
栃木県栃木市梅沢町839-1
tel : 0282-31-1954
fax : 0282-31-1954
mail : osodo_seisakusyo@
hotmail.co.jp

プロフィール

蔵の街 栃木市にある
象さんの形をした
三峰山のふもとで
縫製業を47年営んできました
積み上げた技術を生かし
自称"20世紀最後の職人"と
その一味が
綿100%の丈夫な帆布バッグを
一点一点心を込めて
手作りしています

アクセス

不定休ですので、お越しの際はお電話下さい。

栃木インターを北へ→
ファミリーマートを左折→
橋を渡り尻内町交差点を右折→
2Kmほど直進→
いちひこ帆布の看板を左折→
100m先になんと
いちひこ帆布がっ!

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オリジナルバッグ価格表
メガネケース:1000円
ポーチ小:1500円
ポーチ大:2000円
タブレットケース:3800円(10インチ)
和吉バッグ:3800円
バッグインバッグ:3800円
先折れショルダー:3800円
ミニトート小:5100円
ミニトート:5300円
ポシェット:4800円
BOXショルダー :4800円
BOXショルダーU :4800円
ドロストバッグ:6800円
手さげバッグ:6800円
マウンテンバッグ:6800円
縦型手さげバッグ:7800円
トートバッグ:7800円
ミニトート大:8800円
2wayバッグ:8800円
オーダーにつきまして
基本的には、
工房での打合せが必要ですが、
基本の形に対しての
生地変更のみの場合は、
電話、ファックス、メールでも
オーダー頂けます。

tel : 0282-31-1954
fax : 0282-31-1954
mail : osodo_seisakusyo@
hotmail.co.jp


☆ フルオーダー ☆
※ 予約制 ※
製作期間:6ヶ月
世界に一つだけのバッグを
お作りします。
小物  : 5000円~
小さめバッグ:10000円~
普通のバッグ:15000円~
大きめバッグ:20000円~
リュック:20000円~
ビジネスバッグ:20000円~
その他特殊品:要相談
打ち合わせは、
予約制となりますので、
ご連絡ください。


☆ セミオーダー ☆
※ 予約なしで打合せ可能 ※
製作期間:3ヶ月
基本の形をアレンジして、
世界に一つかもしれないバッグを
お作りします。


【セミオーダーオプション料金】
・生地変更 0円
・特別生地 +1000円
・サイズ変更 +2000円
・オープンポケット追加 + 800円
・ファスナーポケット追加 +1000円
・開閉部ファスナー加工+1500円
・マグネット加工 + 500円
・ホック加工 + 300円
・ショルダーベルト追加 +1500円
・Dカン取付 + 500円
・スポンジ補強 +1000円
・底板追加 +1000円
・底びょう追加 + 500円
・本革部分変更 +3000円
・刺繍追加 + 800円
・上記以外 要相談


☆☆ 帆布ラインナップ ☆☆

 ※クリックで拡大できます。



☆ 定番色 ☆

生成り 生成り

黒

ディープオーシャン ディープオーシャン

イチョウ イチョウ

キャメル キャメル

ベージュ ベージュ

カラクレナイ カラクレナイ

カーキ カーキ

チョコチップ チョコチップ

レンガ レンガ

赤

スダチ スダチ

ラムネ ラムネ

オールドブルー オールドブルー



☆☆ 裏地ラインナップ ☆☆

 ※クリックで拡大できます。
 ※帆布を裏地にして、
  丈夫な2重帆布も可能です。

民族柄(茶)

民族柄(青)

猫が見てる

迷彩 迷彩

ボーダー(ベージュ)

ドット(赤)

グレンチェック

バラ(茶)

唐草(紺)